光治療でバストアップ

光治療でバストアップ

.

光治療とは?

光治療

美容整形の一つである光治療は、特殊な光をバストに当てるだけでバストのハリや丸みをつくり、ボリュームをアップさせたり、バストアップをさせる画期的な方法です。レーザーとは違った波長帯を持つ光による治療はバストライトと呼ばれ、医療機関専用のプログラムです。光による治療は、手術と違い身体にメスを入れることも麻酔を使うこともなく、傷跡も残りません。施術時間は20分くらいで入院の必要もありません。定期的に繰り返すことによって自分の理想とするバストラインをつくり、バストアップを可能にします。また、エステティックサロンとは、光の出力の大きさが違い、肌を痛めず効果的にバストアップや美しいバストラインを追求していくことができるのです。


ページのトップへ ▲

光治療のバストアップ効果

光治療の効果はいかほど?

バストライトの特殊な光は、バストの中の脂肪細胞の周囲組織液の浸透圧を下げ、吸収率を上昇させ、個々の脂肪細胞を膨らませます。その結果、バストのボリューム感をアップさせてくれます。また、血液やリンパの流れをスムーズにするので、乳房全体に栄養が行き渡るようになり、新陳代謝を促します。さらに、バストの弾力繊維を産生し、繊維配列が補正されてじん帯が強化、胸に特殊な光を照射することで、脳から卵巣へと女性ホルモンの分泌を促すよう伝達されます。女性ホルモンが充分に分泌されることで、乳腺の発達を促進し、バストアップにつながっていくのです。治療は一週間に1回、5〜10回が1クール。一人ひとりとしっかりしたカウンセリングを行い、個人に合わせた治療を行います。また、18歳未満の方、妊娠中、授乳中の方、豊胸手術を受けた方、心臓病を患っている方、乳房に炎症または疾患を患っている方、などは受けることができません。


ページのトップへ ▲

光治療の危険性

光治療の危険性

これまでの光治療は効果をあげるために、照射エネルギーを上げ、痛みややけどの危険性があり肌に負担をかける問題がありました。現在では光治療の機器の研究も進み、その危険性は少なくなってきています。光治療を扱うクリニックも増えてきていて、使用する機器も様々。光治療でバストアップを望む女性にとってはうれしいことですが、早くバストアップをしたいからといってあせってクリニックにかけこむのではなく、バストのこと、お肌のことを本当に考えてくれているクリニックであるのかを確認するなど慎重にクリニックを選び、しっかりとしたカウンセリングを受け、治療の内容に納得した上で治療にのぞむことが大切です。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 豊胸とバストアップ | 貧乳とバストアップ | 体操 | エクササイズ・運動 | マッサージ | リンパマッサージ | プエラリア |
食べ物 | キャベツでバストアップ | サプリメント | 光治療 | 商品 | クリーム | ブラジャー | 器具 | つぼ | 産後のバストアップ |

Copyright © 2006 バストアップと豊胸マニュアル!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング